学生

医学部の予備校に行くメリット|狭き門に立ち向かう

女生徒

ライバルに差を付けよう

医学部を受験する学生から個別指導が選ばれています。選ばれている理由は、より自分の志望している医学部の受験に特化した指導を受けることができるからです。また、医学部受験に対する知識の豊富な講師が人気の理由でもあります。

レディ

学力だけでは足りない

高校入試の面接で質問にはっきりと答えるためには、その学校で何を学んでどのような進路に進むのか決めている必要があります。学校側は卒業後に社会で活躍する人を育成することを目的としているので、学力以外のスキルも持つ人を入学させるために、面接の質問に対する答え方を重視しているかもしれません。

女の人

大学で資格取得を目指す

専門学校で資格取得を目指すのではなく、基礎知識をじっくり学べる大学で資格取得を目指すのが人気です。関東近郊で評価が高いのが人間総合科学大学です。埼玉県にキャンパスがあり、管理栄養士や看護師、理学療法士等の資格取得に向けて国家試験対策を含めたカリキュラムを組んでくれます。

勉強のコツと仲間を得よう

女の人と男子生徒

利点から受験を考えよう

医学部受験を志す多くの人が予備校を利用していると思います。予備校の利点というのは二つあります。まず一つは、医学部受験に特化した教師に指導を受けることができることです。これは非常に大きなことです。医学部受験というのはただ頭が良いだけで通るものではありません。もちろんずば抜けて成績が元々良い人は通りますが、そうでない人にとってはやはりそれなりのコツが必要になってきます。特にセンター試験で高得点を取るためには、しっかりとしたセンター試験対策も必要になります。さらに二次試験においても、医学部に頻出となる問題を幅広く提供してくれるのが医学部対策予備校です。予備校と言っても様々なクラスに分かれていることが多いです。例えば私立大学に特化したコース、国立理系に特化したコースなどがあります。医学部受験に特化したコースに入り、より専門的な教育を受け、それをしっかり身につけることができれば医学部の道も開けてくるかと思います。二つ目の利点は、同じ道を志す仲間ができることです。これはもちろん受験勉強中にもプラスに働きますし、それ以上に医者になった後も交流できるなど様々な面で良いことです。医者の世界は狭い世界であり、学会などで受験勉強時代の仲間と出くわすこともあります。受験期間中だけでなく、生涯にわたって交流ができる仲間と出会えることも予備校の一つの利点です。受験勉強は個人の戦いでありますが、切磋琢磨できるような仲間がいれば時に息抜きをするなどしてより効率的に勉強できるのではないでしょうか。現在、医学部の受験に向けて通うことができる予備校は沢山存在します。そのため、通うにもどこが良いかと迷ってしまう人も多いでしょう。そのような場合は、ネットの口コミなどを参考にしたり、体験学習に参加してみるとよいでしょう。そうすることで、授業の内容や予備校の雰囲気を把握することができ、自分に適したところが見つけやすくなります。